2018年 08月 05日 ( 1 )

57歳             8月5日

今日で57歳になりました。びっくりよ。

昨日は一日前のお祝いということで

出不精な夫と一緒に映画を観ました。
e0074382_14584312.jpg
制作費300万円だという大ヒット作「カメラを止めるな!」。

いつもなら選ばないような映画なのですが 夫は案外好きかな?と

誘ったら「観る」と言ったのでネット予約したのでした。


ゾンビのドラマを撮っていたら本物のゾンビが現れて~というくらいしか知らずに行ったのです。

前半 もう怖くて怖くて ああきっと夢に見るわーとちょっと憂鬱になりました。

同じように思ったのか 少し前にいたお客さんが 途中で席を立ちました。

戻ることはありませんでした。

夫曰く 他にもひとりいたそうです。

帰ってしまったお客さん もう少し我慢すれば良かったと思います。

その後 夫も私も笑わせて貰えました。


東京駅まで移動して お昼ご飯を食べて帰宅。


たくさん歩いて 夫の足は筋肉痛ですってよ。ヤワだわー。

でも誕生日のお祝いでお出かけなんて何年ぶりのことかしらって感じだし

とても嬉しかった。

「誕生日のプレゼント 何も買って来なかったね。」って帰宅してから言われて

ああ残念! 思い付きもしなかった!

でも欲しいものを見つけたらをきっと買ってもらおう。


今日はのんびり。

お昼過ぎに食料品の買い出しに行って 自由時間。

ベッドにごろりとなりながら読書。

幼なじみから「プレゼントは何が欲しい?」と聞かれてリクエストした本が届きました。
e0074382_14583269.jpg
フジコさんの14歳の夏休み絵日記です。

最初にたまたま開いたページにお人形が。
e0074382_14582158.jpg
フジコさんの手作りですって。とても上手で可愛くて面白い。

途中2度うとうとして本を閉じ さっき読み終わりました。

ずーっと以前にテレビのドキュメンタリーで

フジコさんがお母さんのことを話していたのですが

厳しくて怒られてばかりで褒めてもらったことが無かったと言っていたと思います。

私は勝手に母娘の確執があったのか と思っていたのですが

日記を読むと 母子家庭で 子どもの為に一所懸命に働いて忙しいけれど

その間にも服を手作りしてくれたり 

愛情をかけて育てている様子が伺えて 嬉しい気持ちになりました。


日記ではフジコさんのユーモラスな部分も感じられるのですが

日記があの頃の全てではなくて 辛くて書いていない生活もたくさんあるようでした。

辛い中でも楽しいことを見つけるって素敵なこと。

おしゃれで心優しい まっすぐなフジコさんが素敵。


勿体なくて お誕生日まで取っておいたおやつとお茶。
e0074382_14580875.jpg
美味しかった!嬉しかった!


また明日からの一年が穏やかに過ごせますように。




by komugiyaajai | 2018-08-05 15:50 | 生活 | Comments(0)