2017年 03月 01日 ( 1 )

びっくり                3月1日

今日から三月。


昨日はお通夜へ出かけることになりました。

4時過ぎには家を出ようと思い

さておとーさんの夕ご飯はどうしよう。

ペースメーカーが入っているのでIH炊飯器には近づけません。

お弁当にしようか。

おかずを作って ご飯はオーブンレンジで温めてもらおうか。

オーブンレンジの使い方 わからないかな。


お昼ご飯のときに

「今日はお通夜へ出かけるから おとーさんひとりで夕ご飯を食べてね。」

そう伝えると

「弁当でも買って来る」って。

「えっ?おとーさんの食べられるお弁当ってあるの?」

「今はもう何でも食べられる。」

えっ!!??

おとーさんの食べられるものだけを作って来ましたが

好き嫌いが「食べたことがある嫌い」ではなくて「食べず嫌い」。

この味が嫌い というよりイメージで嫌いというのは感じていました。

なので最近はキノコを細かく刻んで入れたり

一人分ずつの盛りつけなので 肉を使ってもおとーさんのお皿には入れなかったりしてきました。

だったらお弁当を作ろうか?という言葉を飲み込みました。


相変わらず計量スプーンで調味料を計って料理しています。

けれど前の様に一日塩分量5グラムはやめました。

5グラムのときもあれば6グラムの日もあります。


病院の先生にあんなに叱られたのに お菓子をたくさ食べ続けて

夏からインシュリン注射を朝だけ打つようになりました。

それでも大きなさつまいもをオーブンで焼いて食べたり

串団子をあっと言う間に3本食べたり。

「あまり食べ過ぎないようにね」と主人が優しく言ったのに癇癪を起こすものだから

もう何も言わないようにしようと決めました。

そして冬には朝晩インシュリンになりました。

また先生から大きな声で叱られたのに おせんべいやら お菓子を買って来ます。

さつまいもも増えていた。

私はやることをやって来ました。

もう頑張らなくてもいいやと思えます。


結局お弁当を買いに行くのはやめて「うどんを食べる」となりました。

おつゆ 作っていこうか?と言うと 自分で適当にやるって。

任せることにしました。

いつ癇癪が起こるかわからないけれど どんどんやってもらおう。

少し気が楽になりました。

by komugiyaajai | 2017-03-01 08:23 | Comments(4)