判子入れ                           9月7日


 先日のヒナタノオトさんでの「宮本佳緒里展」

ヒナタさんへはお昼休みに伺うことが多く 常設のときが殆どで

個展や企画展の初日 しかもオープン直後というの初めてでした。

既にお客様が一杯!

それでもポーチを見ているひとばかりだったので

判子入れは私ひとりでゆっくり選ぶことが出来ました。

深いグリーンの色合わせのものと 優しい色合いのものとで暫く迷いました。

グリーンなら汚れも目立たないし・・・・とも思いましたが

一番最初に目に入った方に決めました。
e0074382_9463570.jpg

小さな部分は幅が4ミリ!なんて細かな仕事でしょう。

宮本さんは布それぞれの生まれた場所を教えて下さり

その表情は生き生きとしていて

布に対する愛情 情熱を感じました。

私が使っている宮本さんのポーチをお見せすると

「わあ 一枚の布になって来ましたね。」と喜びの声。

なるほど 新しいものは使う布の厚さの差もあり

繋ぎ合わせた布がでこぼことしていますが

使い込んだものはお隣同士が手を繋いで一枚の布のようになっています。

この判子入れもいずれそうなるのでしょうね。楽しいです。
by komugiyaajai | 2008-09-07 10:16 | テクテクでウロウロ | Comments(3)
Commented by けいこ at 2008-09-07 21:12 x
うん、とてもかわいい。
Commented by chapporin at 2008-09-08 00:24
色合いもなんだろ割合もかわいいです♪
なじんでくるのもまた楽しみですね
Commented by komugiyaajai at 2008-09-08 06:58
けいこさん chappoさん かわいいでしょ?
こんなのがいっぱい いっぱいありました!


<< 仕事再開           ... トットコ トットコ      ... >>