しあわせ                         12月29日


 母と一緒にベッドの上に並んで腰掛けて お昼ご飯(私はお弁当持参)をいただく。

おしゃべりをしながら 母の足をさする。

車椅子に乗りトイレに行く母に「行ってらっしゃい。」と言う。

どうということもないことなのに それをありがたいひとときと感じます。

いつもいつも忙しくて 実家に帰ってもこんなに母とゆっくり過ごすことがありませんでした。

今回の母の入院で 当たり前のことのしあわせを感じることが出来ました。

当たり前であることのしあわせ 大切にしなくては。
by komugiyaajai | 2007-12-29 19:42 | 生活 | Comments(2)
Commented by けいこ at 2007-12-29 21:13 x
貴重な時間ですね。師走で慌しいのにおかあさんのベットの上はゆっくりした時間が過ぎていたんですね。。。
Commented by komugiyaajai at 2007-12-30 10:56
12時から3時までの三時間。
時々「今何時?」と母に聞かれます。
あと一時間あるよ と答えると「一時間があっという間。」と言います。
でも私にはゆっくりしたとても贅沢な時間です。


<< ゴールディーのお人形     ... 冬の京都へ          ... >>