漆の器                           10月29日


 昨日通勤途中 30分の間

ううん・・・・とうなり続けていた私です。

自分用に買った飯椀(本当は汁椀 ということでしたが 形が気に入ったので飯椀に)が

とてもよい感じで

塗り直し等 修理もしていただける ということで

これは一生もの と思いました。

鎌田さんも 一生使い続けてください と言っておられました。


 おとーさんは畑仕事でますます元気になりましたが

晩年に漆の飯椀 汁椀を使うのは素敵なことではないか と

もちろん 主人にだって使わせてあげたい と思ったのです。

ただ 予算が・・・・。


 職場に着いてすぐ 主人にメールをしました。

土曜日なのに珍しく 出勤していたのです。

「ふたりにも 漆の飯椀を買ってあげたいのだけれど~」と

するとすぐ

「黒いの買って!一回り大きいのがあれば」と返事が来ました。

そうなれば覚悟が決まりました。

仕事が終わったら 再びロンダジルさんへ行きましょう!

ただ一回り大きいものの値段はいかほどか?

普通サイズなら お財布の中は足りておりましたが。

職場で借金していこうか?いえいえ 一か八か!


 欲しいものはすぐに決まりました。

おとーさんのは本来の飯椀 黒

主人のは大きめ汁椀 黒

ただそのどちらも完売とのことで

来春の出来上がり待ちの予約です。

楽しみに待つことになりました。
by komugiyaajai | 2006-10-29 08:46 | 生活 | Comments(0)


<< 心配なこと          ... 健康診断           ... >>