ワークショップその2                   7月30日


 昨日仕事が終わるとダッシュで駅へ。

急行電車に間に合って 

1時前にはsasulaiさんに到着しました。

二階のお部屋に上がると 

既に黙々とワークショップが始まっていました。


 私を含めて生徒さんは7名。

先生は「塩山奈央」さん です。

三徳という袋物を作りました。

土台になる正方形の接着芯に

好きな生地をひたすらちくちく縫い付けていき

裏地と重ねてぐるりを縫ってひっくり返し

四角のみっつの角を中心に持ってくるように折り

それぞれをかがって繋ぎ合わせ

残りの三角部分がかぶせになるので

ひもと留めのボタンを縫い付けて

くるりと巻いて 出来上がり。

おわかりでしょうか?


 遅れを取り戻すように

私も頑張ってちくちく始めました。

「1時半を目安に刺し子作業をしたらご飯にしますよ。」 ということだったのですが

途中で「あともう少し頑張りましょう。食べるとやる気がなくなるから。」ということになりました。

2時近くになって私のお腹が勢い良く「ぐー」と鳴り恥ずかしかったのですが

「みんなの気持ちを代弁してくれているんですよ」とお仲間の優しい言葉に後押しされて

階下にいる先生に

「せんせ~い 腹時計が鳴りました!」とお声をかけてしまいました。

ありゃありゃと 先生が上がって来て

誰ですか 腹時計の鳴ったのは?それではご飯の準備をしましょうか。

ということになりました。
by komugiyaajai | 2006-07-30 09:54 | 作ること | Comments(0)


<< ワークショップ その3  おい... ワークショップ        ... >>