幾乃(きの)おばあちゃんの一周忌            7月9日


 去年99歳で亡くなった祖母の一周忌でした。

子供の頃によく遊んだいとこたちとも

こういうことでもないと なかなか行き会うことはありません。

単身赴任の従兄弟は こういうことでもないと

なかなか家族にも会えない ということです。

まだまだ小さな 可愛い三人娘のお父さんなのに です。


 遺影の祖母は 満面の笑み

今頃は あちらで何をしているのでしょうね。

母方のいとこはなんと28人もいるのです。

そのいとこにも 子供がそれぞれいるものですから

今日の法事は うちうちとは言っても

なかなかの人数。

お喋り好きなのに 不思議なくらい外出が嫌い。

毎日たくさんのお客様の接待をするのが仕事だったような祖母でした。

孫たち全員に「一言」とマイクが回って来ました。

それぞれが 皆忘れられない思い出を持っていて

私も胸が熱くなりました。

一番多かったのは「おいなりさん」と「おはぎ」。

二つともジャンボサイズでしたが とっても美味しかったのです。

私もよく 一緒にお手伝いをしました。

最近作っていなかったおいなりさん

近いうちに作ってみたくなりました。
by komugiyaajai | 2006-07-09 20:36 | 生活 | Comments(0)


<< のんびりの夏         ... 法事へ            ... >>