救急         11月21日

毎朝7時頃におとーさんを起こします。

その前に食事の支度をほぼしておいて 

インシュリン注射を打ち始めるときにトースターのタイマーをセットします。

打ち終わってすぐに食事。というふうです。


今朝もいつもと同じように起こそうとしましたが

様子がおかしい。

ぼーっとした感じで ベッドから起きられません。

声を掛けても返事をしません。

左の足と手がこわばった感じ。

いつもは主人は6時過ぎには家を出てしまい私ひとりなのですが

今日は先日の内視鏡検査の結果を聞きに病院へ行くので

主人はまだ家にいてくれて良かった。

もしかして軽い脳梗塞?と思い 救急車を呼びました。

主人は車で 私は救急車に乗りました。




結果 脳梗塞ではありませんでした。

処置室からおとーさんの元気な声が聞こえて来ました。

なぜか インシュリン注射を早朝に打ってしまったらしいです。

時計を見たら5時だった って。

低血糖状態になっていました。危なかったです。

救急車に乗ったことも何も覚えていないって。

どうして病院に居るのかわからなくてびっくりしていました。

帰宅して遅い朝ご飯を食べました。ああ疲れた。


これからも色々なことがあるのだろうなあと思います。

仕方ありません。前向きに頑張ろう。

by komugiyaajai | 2017-11-21 10:58 | 生活 | Comments(0)


<< お弁当            ... お知らせ           ... >>