廣島一夫さんの仕事        10月29日

昨日はYさんとギャラリーKEIANさんへ「廣島一夫さんの仕事」を観に行きました。

今月26日から来月13日までの開催で 私の都合で出遅れてしまいましたが

会期半ば過ぎの雨の平日のせいかお客様もたくさんでなく 

オーナーさんが丁寧に説明して下さったり 椅子に座ってビデオを観たり。


依頼主が飾る目的で作ったシタミという魚籠と

飾りとして使っているチャトオシ(茶通し)以外は

みな生活の道具として使われているもの 使われていたもので

その美しさに驚きます。

イリコカゴ(煮干し籠)など 同じ目的のものでも随分形が違うものがあり

依頼主の好みや希望が反映されているのでしょうか。

それぞれの用途 使い勝手を考えて工夫して作っていることがわかります。

その全てがとても丈夫で美しいのです。

カルイという背負い籠は大きさも色々あって

小さなものは1960年代の子供のランドセルだったそう。

まさに私が小学生の頃と重なるので

年齢の近いひとがこれを背負って通学していたのかと思うと意外でした。


なかなか観る機会の無い展示。伺えて本当に良かった。
by komugiyaajai | 2016-10-29 08:52 | テクテクでウロウロ | Comments(0)


<< 半纏 10月30日 ちいさなハンカチvol.3 ... >>