望月真理さん              9月20日

DМを忘れないように手帳に挟んでバッグに入れた。

出がけ 携帯にメールがあって 予定を確認しようと手帳を開いた。

その後手帳をバッグに入れ忘れた。

電車に乗ってから DМを忘れていることに気付いた。まったく!

「メルサの裏の方の奥野ビル」までわかっているから

ウロウロすれば見つかるだろうとのんきにしているのはいつものこと。

けれどちょっとした勘違いで見つからなかったのでした。

仕方無く四丁目交差点まで歩いて交番のおまわりさんに助けを求めたのだけれど

地図で探してくれたりしてくれたのに わからない。

携帯も電池切れで 公衆電話の場所を教わり自宅へ電話。

DМを見てもらい 住所と言葉の地図を聞いた。

「また電話してねー。」と笑い声。まったく。

本文よりも前置きが長くなっちゃう。


昨日が初日の望月真理さんの展示。

お昼ご飯を食べてから行って来ました。

お客様に囲まれた望月さんがいらした。

元気なお声でお喋りをされている。90歳だそうです。びっくり。

端の方からゆっくり鑑賞。

小さな作品は一番初めに作られたもの。可愛らしい。

大きな山間の風景。

お孫さんの落書きを刺したもの。

コレクションも素晴らしかった。

人や動物や花など 生活の様子を刺したカンタは楽しい。


作家さんに自分から話しかけることはまず無い。

もったいないと思うけれど 恥ずかしいから仕方無い。

昨日は望月さんから話しかけて下さった。

思ってもみないことだったので非常に緊張してしどろもどろ。

実際に刺すところを見せて下さった。

指貫もせずにささっと刺される。

これを持っていればどこでも刺せるのよ。

ファスナー付きのビニール袋に布や糸 ハサミ 針が入っていた。

病院で待ち時間が長いほど嬉しいの。

すぐに順番が来るとがっかりしちゃう。

いつでもどこでも刺されるらしい。

出かけるとわかっていたら早めに仕度をして

余った10分だけでも刺すの と仰る。

テーブルもいらない。膝の上で出来るし 年を取ったら本当にその良さがわかるのよ。

でも年を取ってから始めるのではちょっと遅いわね。


望月さんに会いに お客様がいらしたのをきっかけにお暇しました。

ああ 伺って良かったなあ。


今日は一日雨模様。

この一週間は外出ばかりしていたので

今日はしっかりミシンに向かおう。
by komugiyaajai | 2016-09-20 06:55 | テクテクでウロウロ | Comments(0)


<< お彼岸            ... 打ち合わせと実生展      ... >>