てのひらに                        6月7日

クラフトフェアまつもとで

気付いていないひともいると思いますが

あがたの森の講堂二階の教室で「てのひらに」の展示があります。

毎回楽しみにしています。

今年は27人の方の作品が並びました。

非売品のものと購入出来るものがあります。

その中にとても惹かれるものがありました。

じーっと見入ってしまいました。


帰りの車の中で

どうして買って来なかったのか とても後悔しました。

もう二度と目にすることもないのだろうと残念でした。

疲れていると決断力も無くなる私です。


まさかのことが起こりました。

あるひとに「残念だった。」と嘆いたら

ご縁があって 私のもとへ届くことになったのです。

石の判子を作られるカキノジンさんの作品。

疲れていたので諦めていた「にわのわ」ですが

カキノさんも参加されるので

ひと言お礼も言いたいし お支払いも済ませたかったので出掛けて行きました。

渾身の作品だと聞いていましたが

ご本人の説明からもご苦労があったことが伺えました。


その作品が昨日届きました。

e0074382_923886.jpg

箱の上下が逆でした!
e0074382_925512.jpg

円柱形の土台を作るのが大変だったそう。

ハタノワタルさんの和紙も味わいがあります。
e0074382_932083.jpg

「てのひらに」

添えられたお手紙に依ると

この円筒印章というものは

判子の起源とも言われている古代メソポタミア文明で始まった

所有者を示すために作られたものだそうです。

カキノさんは初めて作られたそうです。


嬉しくて何度も蓋を開けて眺めています。

黒のインク台しか持っていないので

好みの色を探してコロコロ転がしてみたいです。
by komugiyaajai | 2014-06-07 09:03 | 生活 | Comments(2)
Commented at 2014-06-07 21:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by komugiyaajai at 2014-06-08 09:19
ねえ よっぽど疲れていたのだと思います。
でも良かった!


<< お知らせ           ... お知らせ           ... >>