アラジンのストーブ                    11月22日


 寒くなりました というメッセージと共に

アラジンのストーブの画像が届きました。

趣のある黒いやかんがかかっています。

良いなあ 素敵だなあ 憧れだなあ。

憧れ続けて月日が経ちました。

そんなに欲しいなら何故買わないか?

答えは簡単!置くスペースが無いからです。

火を入れたなら すぐ火災!というような恐ろしい環境です。


 暖房を入れると 暖かくなりますが空気が乾燥します。

のどがカラカラになることがあります。

これからの季節のどがカラカラというのは考え物です。

風邪を引きやすくなります。


 ストーブの上のやかんのお湯がシュンシュンと沸いたり

お鍋の中でお豆を煮たり スープを煮たり

そんな光景は私の憧れです。

 
 いつの日か山小屋には 薪ストーブを置くのだ と

主人も私も夢見て来ました。

そして里の家を手に入れて 主人は薪ストーブを置く気持ちを持ち続けています。

私の頭の中でぱちりと算盤が弾かれます。

設置代がとても高いというのは本当ですか?

 私はまずアラジンのストーブを買おうっと。

持ち運びが自由自在だから 有意義なお買い物だと思います。

そしてあちらこちらでお湯を沸かそう。お豆を煮よう。スープを煮よう。
by komugiyaajai | 2005-11-22 21:52 | 生活 | Comments(0)


<< 辞書が無い          ... 食いしん坊          ... >>