尊厳の芸術展                       12月1日

e0074382_1039113.jpg

e0074382_10405586.jpg

東京藝大美術館で9日まで開催の「尊厳の芸術展」へ行って来ました。

2年前のNHKの放送を見ていたのかしら。違う気もする。

日系アメリカ人が厳しい収容所での生活の中で

粗末な道具と素材だけで作った 日用品 工芸品 装飾品。

何かで見たその品々が記憶にありました。

先日ちとらるさんへ行ったとき 

「そうそう こんな展示があるの。」と教えてくださって

これは是非行かなくては!と。


苦難の日々に 工夫をして少しでも豊かに 人間らしく生きようとした人々。

心に留めておかなくては と思った展示でした。
by komugiyaajai | 2012-12-01 10:58 | テクテクでウロウロ | Comments(2)
Commented by シネマ at 2012-12-03 01:16 x
こんにちは。素晴しい展示のイロイロに目が釘づけになりました。人間って、どんな暮らしの中にでも知恵と工夫・アイデア・ユーモアのセンスで生き抜いていた人たちがいたことに・脱帽でした。ほんとにチャーミングなブローチたち。木彫りの牛・熊・エトセトラ。自然の木の形をいかしたワーオ!の蛇・あまりのステキに何回回ってみせてもらったことか!心豊かに暮らすということの原点を見た感じで 幸せで胸がいっぱいになりました。暖かい涙が溢れて生きる勇気をまらってきました。素晴しい企画に拍手です。しかも、無料の芸大さんに感謝です。みんなに観て欲しい展覧会でしたね。教えてくださってありがとうございました。先日の日曜美術館のラストでチラッと観ていて是非ぜひ みたいとおもっていました。上野の森の美しい紅葉にもウットリでした。お元気で
Commented by komugiyaajai at 2012-12-03 16:00
シネマさま
私の拙いブログがお役に立てて とーっても嬉しいです。
読んで下さってありがとうございました。
曇り空の上野の森も 絵画のように美しかった。


<< 忘年会            ... お出かけ >>