目が覚めても                       11月10日


 朝の冷え込みで 目が覚めていても なかなかお布団から出られませんでした。

お洗濯日和のようだし ちゃちゃっと起きて動き出せば

寒さも気にならないでしょうに。

 お布団の中で 今日は何をして過ごそうか と考えを巡らせて

友達のお母さんへお礼状を書かないと とか

再び散らかり始めた部屋を片付けないと とか

茶色のブーツはこの冬も見つからないのかな とか。

そうしているうちに 何としてでももう起きないと!と思って

それには体を温めるものを食べたいな と考えて

福島へ行った時に サービスエリアで試食販売していた「仙台麩」と

豆腐と長ネギだけの醤油味のおつゆを作って飲みました。

仙台麩は棒状の麩を油で揚げてあるもので

普通の麩と違い こくが出ます。

たっぷり飲んだら体ぽかぽか。

ますます 友達姉妹の買ったスープ鍋が欲しくなりました。

実は夕べ 器や あんざいさんへ在庫問い合わせのメールを送ったところなのです。

お返事待ち。あるといいな。
by komugiyaajai | 2005-11-10 08:13 | 生活 | Comments(0)


<< お休みはあっという間     ... 旅の終わり          ... >>