怖い夢                            5月13日


 昨日書いた「怖い夢」の話。

細かなところは忘れてしまいましたが

(多分)実家が火事になるのです。

私がストーブを点けようとしていたらメラメラと炎が上がり

わあどうしよう どうしよう と慌てていました。

けれど一気に家が燃えるという状態ではなくて

何だかパチパチと小さな音をさせて燻っている様子。

場面が変わると 炎は見えなくて 小さくパチパチと音がするだけ。

周りにいる家族や出入りしている人達は少しも慌てる風でなく

消火活動をすることもなく。

知らない男のひとが「その漆器だけは外に運んでおいて。後で売りに出すから。」と言っているの。

家はそのままゆっくり燃やしてしまう様子でした。

いいのかな 消火しなくていいのかな とぼんやり不思議に思う私。

煙に燻されて あちらこちらからは動物が(?)出て来ました。

はじめはリスざる。何処にいたの?

次はライオン・・・・あなたこそ何処に?

ほかにもたくさんゾロゾロと出て来ましたが

極めつけは最後 頭はライオンで胴体は毛むくじゃらの太い蛇。動くのがとても遅かった。



 ここで夢は終わりました。

これって一体どういう夢なんでしょう。何か意味があるのかな。
by komugiyaajai | 2009-05-13 06:09 | 生活 | Comments(0)


<< 本日は晴天なり        ... とんちんかん         ... >>